筋トレ動画ダイアリーは、私自身が実演した動画で、筋力トレーニングをわかりやすく説明しています。ダイエット、栄養補給、サプリメント、筋力アップ、筋肥大、シェイプアップなど、詳しく説明しています。


ベンチプレス


懸垂(チンニング)


ケトルベル


腹筋


ショルダープレス


ロープ登り
マッスルアップ


筋肉を大きくしたい
パワーがほしい
使える筋肉がほしい
筋肉を落とさずやせたい


筋肥大のメカニズム
筋肉を大きくするために一番大切なこと
トレーニング頻度
メニューの組み方
休養の重要性


大胸筋(見栄えNo1)
広背筋(鬼の背中)
腹筋(6パックに)
上腕二頭筋
上腕三頭筋
肩(ショルダー)
足(大腿、ふくらはぎ)
手首(リスト)
握力(つぶせリンゴ)


マッスルアップ
腕立て伏せ
ロープ登り
倒立ショルダープレス
懸垂(チンニング)


懸垂バリエーション
加重しよう!


サプリメントの種類
効果はあるの?
なにを飲めば良い?
管理人摂取サプリ


便利な道具達
ベンチやダンベル
自作懸垂台


必読の筋トレ本


ダイエットの理論
ダイエット方法
ダイエットの勘違い


・実は筋肉のように鍛えて大きく出来ます


プライベートウォール自作しての自宅練習


・パソコン、MAC、スマートフォン、デジカメ等々


筋トレ動画ダイアリー
基礎から筋力トレーニング
ダイエットダイアリー
がりがり親父の筋トレ日記
きんにっくす
GET!POWER
和尚ベンプレ日記 
・おすすめのプロテイン

・手術なしで4cm伸びた

・筋トレ動画ブログ
カスタム検索












・筋肥大のメカニズム

筋トレをして、筋肉が太く大きくなるメカニズムは、実はまだ解明されていません。おそらく、こうすると、ここがこうなって、太くなる・・・そんな推測というのが実情です。

理論自体も、超回復理論とか、筋繊維自体が太くはなるが、数そのものは増えないなど、長く信じられていたことが実は違うようだ、そんなことが言われています。

実際に、超回復理論自体が翻訳間違いで、グリコーゲンの超回復と混同されたらしいということがわかってきましたし、筋繊維自体も、数そのものが増えることもあることが解明されてきているようです。

しかしながら今のところ、筋肥大のメカニズムは、このような形であるといわれることが多いです。

・筋繊維の周辺には、サテライト細胞といわれるものが取り巻いていて、筋繊維本体が傷ついたときは、サテライト細胞がそれを埋めるような働きをし、新しい筋繊維を作る。また、激しく運動をして筋繊維が疲労したり、筋繊維自体が死んでしまったりしたときでも、サテライト細胞が脳からの指令を受けて筋繊維にどんどん取り付き太くしたり、サテライト細胞自体が増殖して大きくなっていきます。

こう書くととわかると思いますが、筋肉は損傷したり、疲労困憊しなければ成長しません。

生物が自然界で生き残る上で、筋肉が大きすぎるのは燃費が悪くマイナスです。簡単に筋肉が大きくなるのは、生物が生き残ることから考えると逆効果です。ですので、そう簡単には大きくならないように出来ています。

とにかく、ハードにトレーニングをして沢山食べて、十分な休養を取ることが筋肥大の近道です。





片方45kgのダンベルでのベンチプレス
64kgのバーベルでのショルダープレス
47.5kgの重りをぶら下げての懸垂
50kgのバーベルでのカール (55kg反動つき)
100kgでのバーベルベンチプレス