筋トレ動画ダイアリーは、私自身が実演した動画で、筋力トレーニングをわかりやすく説明しています。ダイエット、栄養補給、サプリメント、筋力アップ、筋肥大、シェイプアップなど、詳しく説明しています。


ベンチプレス


懸垂(チンニング)


ケトルベル


腹筋


ショルダープレス


ロープ登り
マッスルアップ


筋肉を大きくしたい
パワーがほしい
使える筋肉がほしい
筋肉を落とさずやせたい


筋肥大のメカニズム
筋肉を大きくするために一番大切なこと
トレーニング頻度
メニューの組み方
休養の重要性


大胸筋(見栄えNo1)
広背筋(鬼の背中)
腹筋(6パックに)
上腕二頭筋
上腕三頭筋
肩(ショルダー)
足(大腿、ふくらはぎ)
手首(リスト)
握力(つぶせリンゴ)


マッスルアップ
腕立て伏せ
ロープ登り
倒立ショルダープレス
懸垂(チンニング)


懸垂バリエーション
加重しよう!


サプリメントの種類
効果はあるの?
なにを飲めば良い?
管理人摂取サプリ


便利な道具達
ベンチやダンベル
自作懸垂台


必読の筋トレ本


ダイエットの理論
ダイエット方法
ダイエットの勘違い


・実は筋肉のように鍛えて大きく出来ます


プライベートウォール自作しての自宅練習


・パソコン、MAC、スマートフォン、デジカメ等々


筋トレ動画ダイアリー
基礎から筋力トレーニング
ダイエットダイアリー
がりがり親父の筋トレ日記
きんにっくす
GET!POWER
和尚ベンプレ日記 
・おすすめのプロテイン

・手術なしで4cm伸びた

・筋トレ動画ブログ
カスタム検索












・休養の重要性

最近では、筋トレにおける休養の重要性が浸透してきていて、ひたすら毎日トレーニングしてしまうといったことはなくなってきました。

しかし、実際に休養が足りなくて回復が追いつかない、オーバートレーニング状態になる、そんなことは実は少ないです。そこまで追い込めていないことがほとんどですので、極端に言えば毎日でもトレーニングする時間と気力があればやっていいと思います。

ベンチプレスの専門の人たちが、エブリベンチといって毎日ベンチプレスをやる方法もあります。

まずは、一度はとことん毎日体を追い込んで、これがオーバートレーニングかな?と思えるところまでやってみることを勧めます。どうなればオーバートレーニングかということもわからずに、闇雲に休養ばかり気にしていても、成長を遅らせることになるかもしれません。

実際のオーバートレーニングは、思っている以上に厳しい状態になります。ただ疲れてるなぁ、などという生易しいものではなく、虚脱感が強く何もする気が起きなくなります。

始めのころは休養など気にせずに、ガンガン追い込めと書きましたが、ただし、睡眠が不十分なのは絶対に駄目です。不規則な生活をして、ダラダラ夜更かしをしているのであれば、せっかくトレーニングしていても、トレーニング効果などないですから、トレーニングするだけ無駄です。

睡眠が足りていないと、筋肥大もパワーアップ(神経系の発達)も極端にデータが悪くなります。できれば毎日6時間以上寝ましょう(理想は8時間)。
筋肥大ということであれば、積極的に昼寝もしましょう。筋トレして、プロテインパウダーとカーボ(炭水化物)を摂り、すぐに30分でも寝ると非常に効果的です。アメリカの体育大学の実験データが裏付けています。


トレーニングも経験をつみ、自分なりの追い込み方も確立してきたら、そこではじめて戦略的に休養を取る様にしましょう。
おそらく、そのレベルであれば、分割法を取り入れて、週単位での休養は考えていると思います。

もう一歩踏み込んで、完全休養のことを考えましょう。ピリオダイゼーション的な発想ですが、3ヶ月とか6カ月おきに、2週間程度まったく筋トレをやめてしまうというものです。

意味は、刺激に慣れてしまった筋肉を初期化する、心をリフレッシュする、こんなところです。
ダイエットにおけるカロリー制限のようなもので、ずっとカロリーを制限していると、体が慣れてしまって体脂肪が燃えづらくなる、こんなことが筋肉でもおきます。
ずっとまじめに筋トレをしていると、筋肉も刺激になれてしまって、筋肥大しづらくなるということです。

そして何よりも、たまにはお休みしないと、心が折れて、ある時いきなり筋トレをやめてしまケースが多くあります。まじめな方ほど些細なきっかけで(病気、出張、正月など)筋トレをやめてしまうものです。

そういったことを回避するために、思い切って2週間3週間筋トレをやめましょう。その程度やめても、筋肉は大して細くなりませんし、パワーも少ししか落ちません。逆に、再開したらすぐに取り戻せて、なおかつそれ以上に成長するはずです。

一度、考えてみてください。

※その休養がきっかけで筋トレをやめてしまうこともあるので、注意です(笑)




片方45kgのダンベルでのベンチプレス
64kgのバーベルでのショルダープレス
47.5kgの重りをぶら下げての懸垂
50kgのバーベルでのカール (55kg反動つき)
100kgでのバーベルベンチプレス