筋トレ動画ダイアリーは、私自身が実演した動画で、筋力トレーニングをわかりやすく説明しています。ダイエット、栄養補給、サプリメント、筋力アップ、筋肥大、シェイプアップなど、詳しく説明しています。


ベンチプレス


懸垂(チンニング)


ケトルベル


腹筋


ショルダープレス


ロープ登り
マッスルアップ


筋肉を大きくしたい
パワーがほしい
使える筋肉がほしい
筋肉を落とさずやせたい


筋肥大のメカニズム
筋肉を大きくするために一番大切なこと
トレーニング頻度
メニューの組み方
休養の重要性


大胸筋(見栄えNo1)
広背筋(鬼の背中)
腹筋(6パックに)
上腕二頭筋
上腕三頭筋
肩(ショルダー)
足(大腿、ふくらはぎ)
手首(リスト)
握力(つぶせリンゴ)


マッスルアップ
腕立て伏せ
ロープ登り
倒立ショルダープレス
懸垂(チンニング)


懸垂バリエーション
加重しよう!


サプリメントの種類
効果はあるの?
なにを飲めば良い?
管理人摂取サプリ


便利な道具達
ベンチやダンベル
自作懸垂台


必読の筋トレ本


ダイエットの理論
ダイエット方法
ダイエットの勘違い


・実は筋肉のように鍛えて大きく出来ます


プライベートウォール自作しての自宅練習


・パソコン、MAC、スマートフォン、デジカメ等々


筋トレ動画ダイアリー
基礎から筋力トレーニング
ダイエットダイアリー
がりがり親父の筋トレ日記
きんにっくす
GET!POWER
和尚ベンプレ日記 
・おすすめのプロテイン

・手術なしで4cm伸びた

・筋トレ動画ブログ
カスタム検索












・加重しよう!


懸垂は、非常に優れたトレーニングですが、 そのうち自重では負荷が決定的に不足します。
自重で15回以上できるようになったら、加重をする必要があります。

加重は、一般的にはディッピングベルトで、プレートをぶら下げてやることが多いです。
ちょっとコツはいりますが、柔道の帯などでも加重できます。


加重しての懸垂のレベルが進み、自分の体重と同じ重さで加重できるようになれば、片腕での懸垂も夢ではありません。

良く、片腕懸垂が出来るという人がやっている間違いですが、鉄棒は片腕で握っていても、もう片方の手で鉄棒を持っている腕の手首を持ってやるという間違いです。これは、両腕での懸垂と難易度は変わりません。片腕は、完全に離して、なにも持っていない状態でやるのが片腕懸垂です。まず出来ません。


加重懸垂は、目的によって加重する重さを変えます。
とにかくパワーアップして、片腕での懸垂がしたいという目標ならば、とにかく思い重さで加重して、何とか1回2回やるという感じでやります。これは、最大筋力を伸ばします。



そして、筋肥大を重視するならば、加重して8回くらい出来る重さでやりましょう。



加重は、チューブでも出来ます。これはお手軽でお勧めです。



公園で、手軽に出来ます(笑)



加重も、ドロップセットを併用するとさらに追い込めます。ただし、相当きついです。


チンニングスタンドを置くスペースがなくても、これなら大丈夫です。お勧めです!


チンニングスタンドは、劇安のものは加重懸垂に対応できません。将来的に買い換えるのも大変です。


加重をするときは、ディッピングベルトを使うのが便利です。


ブログの懸垂を含めた背中のトレーニング記事です




片方45kgのダンベルでのベンチプレス
64kgのバーベルでのショルダープレス
47.5kgの重りをぶら下げての懸垂
50kgのバーベルでのカール (55kg反動つき)
100kgでのバーベルベンチプレス