筋トレ動画ダイアリーは、私自身が実演した動画で、筋力トレーニングをわかりやすく説明しています。ダイエット、栄養補給、サプリメント、筋力アップ、筋肥大、シェイプアップなど、詳しく説明しています。


ベンチプレス


懸垂(チンニング)


ケトルベル


腹筋


ショルダープレス


ロープ登り
マッスルアップ


筋肉を大きくしたい
パワーがほしい
使える筋肉がほしい
筋肉を落とさずやせたい


筋肥大のメカニズム
筋肉を大きくするために一番大切なこと
トレーニング頻度
メニューの組み方
休養の重要性


大胸筋(見栄えNo1)
広背筋(鬼の背中)
腹筋(6パックに)
上腕二頭筋
上腕三頭筋
肩(ショルダー)
足(大腿、ふくらはぎ)
手首(リスト)
握力(つぶせリンゴ)


マッスルアップ
腕立て伏せ
ロープ登り
倒立ショルダープレス
懸垂(チンニング)


懸垂バリエーション
加重しよう!


サプリメントの種類
効果はあるの?
なにを飲めば良い?
管理人摂取サプリ


便利な道具達
ベンチやダンベル
自作懸垂台


必読の筋トレ本


ダイエットの理論
ダイエット方法
ダイエットの勘違い


・実は筋肉のように鍛えて大きく出来ます


プライベートウォール自作しての自宅練習


・パソコン、MAC、スマートフォン、デジカメ等々


筋トレ動画ダイアリー
基礎から筋力トレーニング
ダイエットダイアリー
がりがり親父の筋トレ日記
きんにっくす
GET!POWER
和尚ベンプレ日記 

・筋トレ器具 自作懸垂台


自宅で懸垂をするのに、普通はチンニングスタンドを買います。
最近の、激安のもので無いチンニングスタンドならば、加重懸垂をしてもまず壊れません。
私が昔買ったチンニングスタンドは、30kg加重してチンニングした時にバーが曲がるのではなく、いきなり折れました。
私の場合は、クライミングの練習をするボードを取り付けたいのと、ロープ登りをしたいので、市販品では無理があります。

そこで自作をしました。


これは、工事などの足場に使う単管で組んでいます。
工事の現場で使う物なので、耐荷重性能はとても高く、おそらく100kg加重しての懸垂でも問題ないと思います。

大きなホームセンターに行けば、単管は切ってくれますので、自分の部屋のスペースを考えて大きさを決めましょう。
そして、組む時にはクランプという金具で固定しますが、自在クランプという物があります。角度を変えられる便利な物ですが、単管懸垂台では使わない方が良いです。
なぜならば、カタカタ音がしてうるさいからです。
固定式のクランプでしっかりと組むと、音がしない上に、懸垂をしてもびくともしません。

足の部分のH時の所だけは、クランプで組むと床に干渉しますので、私はかん太という便利な商品を使っています。
http://www.ashiba-pipe.com/
このサイトに紹介がありますが、このサイトを見ると、組み方のイメージがわくと思います。

私は、斜めにバーを取り付けていて、パラレルグリップでも握れるように2本バーを付きだしています。
これは、自分のしたいトレーニングに合わせれば良いと思います。
バーを斜めにすると、より広背筋をストレッチできて、効きます。


通常の使用方法であれば、市販品を買うことを勧めます。
単管で組んだ懸垂台は、ごつくて存在感がありすぎます。
最近のチンニングスタンドは、結構格好いいデザインです。






片方45kgのダンベルでのベンチプレス
64kgのバーベルでのショルダープレス
47.5kgの重りをぶら下げての懸垂
50kgのバーベルでのカール (55kg反動つき)
100kgでのバーベルベンチプレス