筋トレ動画ダイアリーは、私自身が実演した動画で、筋力トレーニングをわかりやすく説明しています。ダイエット、栄養補給、サプリメント、筋力アップ、筋肥大、シェイプアップなど、詳しく説明しています。


ベンチプレス


懸垂(チンニング)


ケトルベル


腹筋


ショルダープレス


ロープ登り
マッスルアップ


筋肉を大きくしたい
パワーがほしい
使える筋肉がほしい
筋肉を落とさずやせたい


筋肥大のメカニズム
筋肉を大きくするために一番大切なこと
トレーニング頻度
メニューの組み方
休養の重要性


大胸筋(見栄えNo1)
広背筋(鬼の背中)
腹筋(6パックに)
上腕二頭筋
上腕三頭筋
肩(ショルダー)
足(大腿、ふくらはぎ)
手首(リスト)
握力(つぶせリンゴ)


マッスルアップ
腕立て伏せ
ロープ登り
倒立ショルダープレス
懸垂(チンニング)


懸垂バリエーション
加重しよう!


サプリメントの種類
効果はあるの?
なにを飲めば良い?
管理人摂取サプリ


便利な道具達
ベンチやダンベル
自作懸垂台


必読の筋トレ本


ダイエットの理論
ダイエット方法
ダイエットの勘違い


・実は筋肉のように鍛えて大きく出来ます


プライベートウォール自作しての自宅練習


・パソコン、MAC、スマートフォン、デジカメ等々


筋トレ動画ダイアリー
基礎から筋力トレーニング
ダイエットダイアリー
がりがり親父の筋トレ日記
きんにっくす
GET!POWER
和尚ベンプレ日記 
・おすすめのプロテイン

・手術なしで4cm伸びた

・筋トレ動画ブログ
カスタム検索












・筋トレすると、動けない、使えない筋肉になるんでしょ?

これは、本当によく言われることですが、全くの誤解です。
スピードと筋肉は比例しますし、筋肉が動きを妨げるほど大きくなるのは、通常あり得ません。
そこまで大きくなるには、死ぬほどの努力と才能が必要です。

ただ、どうしてそう言われるのでしょうか?
テレビなどで、ムキムキのボディビルダーが、お笑いというか、笑いもののような扱いを受けていることが大きな原因だと思います。
実際に、ボディビルダーは筋肉の美しさ、大きさを競う競技の専門家なので、その分野では当然使える筋肉ということが言えます。

使えない筋肉などという人は、なぜかそういうボディビルダーが、走ったり、球技をしたり、格闘技をしたりして、だめだと、鬼の首を取ったように「使えない筋肉!見かけ倒し!」といいます。
その競技の訓練をしていないと、出来ないのは当たり前です。
なぜか、マッチョは何でもできるスーパーマンでなければいけないようです。

例えば、アメフトの選手、特にNFLの選手は、マッチョで走れて動けるスーパーマンです。
その身体能力は、驚異的でさえあります。
そういった人間に、筋肉をつけると〜とは、言えないと思います。

結局、動ける、使える、そんな筋肉を持つマッチョがいないことがいけないのだとも思います。

よく勘違いされますが、軽量級のボクサーのパンチのほうが、重量級のボクサーのパンチよりも早いと思われがちです。
連打やコンビネーションの話をするとややこしくなりますが、単発のストレートパンチや、ジャブの単純なスピードは、重量級のボクサーのほうが早いです。

これは、アメリカ版マッスルアンドフィットネスが実際に調査していますので、データがあります。

太いので、遅く見えるかもしれませんが、そもそもパワーは、スピードがないと出ません。
軽量級より重量級のパンチのほうが、パワーがあるのはだれの目にも明らかです。


片方45kgのダンベルでのベンチプレス
64kgのバーベルでのショルダープレス
47.5kgの重りをぶら下げての懸垂
50kgのバーベルでのカール (55kg反動つき)
100kgでのバーベルベンチプレス


・2003/8/24公開