筋トレ動画ダイアリーは、私自身が実演した動画で、筋力トレーニングをわかりやすく説明しています。ダイエット、栄養補給、サプリメント、筋力アップ、筋肥大、シェイプアップなど、詳しく説明しています。


ベンチプレス


懸垂(チンニング)


ケトルベル


腹筋


ショルダープレス


ロープ登り
マッスルアップ


筋肉を大きくしたい
パワーがほしい
使える筋肉がほしい
筋肉を落とさずやせたい


筋肥大のメカニズム
筋肉を大きくするために一番大切なこと
トレーニング頻度
メニューの組み方
休養の重要性


大胸筋(見栄えNo1)
広背筋(鬼の背中)
腹筋(6パックに)
上腕二頭筋
上腕三頭筋
肩(ショルダー)
足(大腿、ふくらはぎ)
手首(リスト)
握力(つぶせリンゴ)


マッスルアップ
腕立て伏せ
ロープ登り
倒立ショルダープレス
懸垂(チンニング)


懸垂バリエーション
加重しよう!


サプリメントの種類
効果はあるの?
なにを飲めば良い?
管理人摂取サプリ


便利な道具達
ベンチやダンベル
自作懸垂台


必読の筋トレ本


ダイエットの理論
ダイエット方法
ダイエットの勘違い


・実は筋肉のように鍛えて大きく出来ます


プライベートウォール自作しての自宅練習


・パソコン、MAC、スマートフォン、デジカメ等々


筋トレ動画ダイアリー
基礎から筋力トレーニング
ダイエットダイアリー
がりがり親父の筋トレ日記
きんにっくす
GET!POWER
和尚ベンプレ日記 
・おすすめのプロテイン

・手術なしで4cm伸びた

・筋トレ動画ブログ
カスタム検索












・筋トレしても、ムキムキになりたくないんです。

トレーニングやダイエットの話をしている時に、トレーニング方法を聞いてきた方に、それに対して色々と教えている時に、”ムキムキになりたくない””マッチョにはなりたくない”という風に言ってくる人がいます。

女性の場合は、いわゆるボディビルダーのようになりたくないというような意味で言っていて、男性の場合動ける体になりたい、動けない体にはなりたくないと言う意味で言っているようです。

曰く、”筋肉が付きやすく、ちょっとトレーニングしただけですぐ筋肉が太くなる”そうです。

それはパンプと言って、一時的に血流や乳酸などの代謝物の影響で太くなっているだけで、数時間もすれば戻ると言っても、そんなことはないという方もいます。

それはそれで良いですし、私もムキになって熱く語るほど若くはないので、”それはちがーう”などとは言わずに適当に流してしまいます。

しかし、筋肉を太くすると言うことを、非常に簡単にとらえている方が結構多く、前記の誤解も多いので、いっそ事実を話さずにうまくそのまま乗せてその気にさせて、筋力トレーニングを始めさせた方が良いのかな?とか思う時もあります。

実際、筋トレは物凄く薄いパテを日々塗り重ねていく作業なので、根気がいります。


しかし、トレーニングをしたことがない方々は、トレーニングをすれば簡単にムキムキに、簡単にビルダーのようになれると思っている傾向が、実感としてけっこう多いです。

実際に、”ボディビルダーのようになりたくない”的なことを言われると、”なろうと思っても、努力を物凄く長期間継続しないとなれないから安心して下さい”と説明しますが、イマイチ理解を得られません。



動けるからだ、動けない体についても、筋力が強い(筋肉が太い)=動きが速いであり、競技に使える使えないは、その協議の技術練習の量によるんですと説明しても、マッチョは動きが遅いとの思い込みを変えて頂けないことが多いです。

たしかに、運動神経の鈍いビルダーやマッチョはいると思いますし、TVなどではそういった人が笑いものにされます。

SASUKEなどでも、ムキムキの人は早々にリタイヤして、見かけ倒しみたいな感じに思われます。

SASUKEは、体重が軽くて前腕持久力と指の把持力が強い人が有利な競技なので、マッチョが活躍出来るわけはないのですが、そうは見てくれません。

逆に、SASUKEの完全制覇者とマッチョがパワーリフティングで競ったら、SASUKEだらしないな、と言う風に言われると思います。

競技は、それに特化した人が強いのは当たり前です。

なぜか、マッチョは全てのスポーツにおいて、それが上手に出来ないと見かけ倒しという烙印を押されがちです。

テニスをしたことのない一般体型の方に対して、”出来ないなんて見かけ倒しだな”なんて言う方はいないですが、マッチョが出来ないと、”そんな体していてもテニスも出来ないのか”というような感じで言う方はいます。

しかし、好意的にとらえれば、マッチョはスポーツエリートであるべきだという風に思われているとも言えると思います。

私は、動けるマッチョを目指していますので、85kgくらいのムキムキでベンチプレス130kg以上を上げるのに、SASUKEも完全制覇出来るようなスーパーマンになりたいです(出来る出来ないは置いておきます・・・あくまで夢です)



片方45kgのダンベルでのベンチプレス
64kgのバーベルでのショルダープレス
47.5kgの重りをぶら下げての懸垂
50kgのバーベルでのカール (55kg反動つき)
100kgでのバーベルベンチプレス


・2003/8/24公開